京都六斎念仏保存団体連合会は、重要無形民俗文化財「京都の六斎念仏」の保存継承を目的として活動しています。

お知らせ

平成29年5月7日 六斎暦を更新しました。8月22日 西院六斎念仏保存会の地蔵盆奉納を追加しました。

平成29年3月24日 平成29年度版の六斎暦を更新しました。

 

ご挨拶

 京都六斎念仏保存団体連合会のホームページにようこそお越しくださいました。

 京都の六斎念仏は、盂蘭盆・地蔵盆・六地蔵めぐり・八朔行事などがある8月が中心で、この時期に各々の地区の寺社(壬生寺や蔵王堂など)や神社(吉祥院天満宮や梅宮大社など)で一般公開しています。当初は地元の観客だけでしたが、「六斎念仏踊り一般公開表」を公表し、京都新聞市民版の「まちかど」欄に取り上げられるようになってからは、京都市民も観に来ていただけるようになり、どの会場も六斎ファンが増えています。

 1755年に記された干菜寺の「六斎支配村方控牒」によりますと、現在京都市になっている愛宕・葛野・紀伊の三郡で177の村にその44%にあたる77の六斎講中があり、知恩院境内での法然上人の大遠忌、干菜寺の開山忌に念仏六斎を執行していたという記録があります。この広がりに対し公儀から干菜寺を通じ規制する動きがあったため、この頃から念仏六斎は衰退していきます。それ以前から京都の町には全国から伊勢太神楽やその他の大道芸が集まったので、これらの中から六斎の鉦・太鼓に合う芸能や、京都独特の「祗園囃子」「大念仏狂言」などを採り入れたのが芸能六斎です。芸能六斎は空也堂の鑑札を貰って、8月17日の"清水寺星下り"、8月24日の"東寺お涼み"などで多くの講中が競演しましたが、明治の廃仏棄釈と60年前の第二次世界大戦で殆どの六斎が消滅しました。

 戦後、六斎念仏が文化庁より重要無形民俗文化財の指定をいただいた後も、後継者人材の不足から2~3の保存会が活動中止となりましたが、暫く中断のあと、復活の努力を行っている保存会もあり、現在念仏六斎が4団体、芸能六斎が10団体(うち1団体が休会中)が活動しております。当連合会は3月初旬に開催される総会にて、その年の「六斎念仏踊り一般公開表」を作成して皆様方に公表しておりますし、毎年5月下旬には壬生寺をお借りして、各保存会で異なる獅子舞の技術の公開や、クモノスづくりの技術の交流会を開いています。また、もっと広く六斎を観ていただこうと、当連合会主催行事として8月の盂蘭盆に清水寺のご本尊前の檜舞台にて一山打ちを奉納させていただいたり、11月の空也堂開山忌に芸能六斎奉納のため出演するよう手配しています。

 平成15年からは、郷土芸能や伝統芸能の後継者確保を目的とした文化庁の「伝統文化こども教室」が開始され、同年4月から傘下の各保存会が京都市内の8つの小学校に「六斎クラブ」を作って活動が始まり、毎年2月に「六斎教室成果発表会」を開いており、平成24年には右京区の西院小学校にて9つの六斎クラブが出場しています。

 最近は「六斎念仏踊り一般公開表」や、京都市の観光情報誌「京ごよみ」を片手に六斎を見に来ていただける若い方が非常に増えましたが、六斎念仏という名称から寺社の法要をイメージされ、まだまだ全国的な知名度が低いのが現状です。インターネットで「六斎念仏」を検索すれば、数え切れない程のサイトが表示され、初めて六斎念仏を観られた方が皆様に一見を勧めていただいています。是非、8月の京都へ来られたら「こんな面白い郷土芸能はないだろうな」という六斎念仏踊りを観にお越しください。

六斎連合会会長

 京都六斎念仏保存団体連合会
         会長  橋本 治夫

【活動概要】 事業と活動

3月初旬    各年度「六斎念仏踊り一般公開表」を作成

5月頃     獅子舞を中心とした技術交流会を実施

8月初旬    六斎連合会行事として清水寺で六斎念仏を奉納

11月第2日曜  空也堂極楽院の開山忌に六斎連合会として六斎念仏を奉納

1月中旬    「こども六斎教室成果発表会」の共催

【活動概要】 六斎連合会の沿革

昭和52年  14団体の加入により、京都六斎念仏保存団体連合会を結成

昭和53年  京都市自治80周年記念「京都六斎念仏無形文化財選択記念:第9回郷土芸能の夕べ」を開催(梅津、上鳥羽、吉祥院、久世、小山郷、西院、嵯峨野、千本、中堂寺、
        壬生の10団体が出演)

昭和54年  「京都の六斎念仏調査報告書」を刊行

昭和55年頃 郡念仏六斎が活動中断(後継者不足の為)

昭和58年  国の重要無形民俗文化財に指定

昭和63年  京都国体開会式に8つの六斎会が獅子舞と蜘蛛の演技披露のため出席

平成元年  六斎連合会の技術交流会(獅子舞とクモノスづくりの指導講習会)を開始

平成4年   「京都の六斎念仏フェスティバル」を開催

平成9年   西院六斎会が会長の逝去のため中断(平成10年 西院学区連合会により再開)

平成10年  「六斎念仏踊り一般公開表」を発行開始

平成11年  清水寺 盂蘭盆奉納六斎を開始

平成15年  文化庁が「伝統文化こども教室」事業を開始。京都市内に8つの六斎教室をつくり、年度末に「こども六斎教室成果発表会」を共催

平成18年  桂六斎が後継者不足のため活動を中断

平成20年  重要無形民俗文化財指定25周年記念として「第38回 京の郷土芸能まつり(大集合!京都の六斎念仏)」を開催

【活動概要】 六斎連合会 会則

京都六斎念仏保存団体連合会会則

[名称と構成]

第1条 本会は、「京都六斎念仏保存団体連合会」と称し、次に掲げる団体をもって構成する。

梅津六斎保存会、吉祥院六斎保存会、空也念仏郡保存会、久世六斎保存会、小山郷六斎保存会、西院六斎念仏保存会、西方寺六斎念仏保存会、嵯峨野六斎念仏保存会、千本六斎会、中堂寺六斎会、壬生六斎念仏講中、上鳥羽橋上鉦講中、六波羅蜜寺空也踊躍念仏保存会、円覚寺六斎念仏講、桂六斎念仏保存会

[事務所]

第2条 本会の事務所は、京都市文化市民局文化部文化財保護課に置く。

[目的と事業]

第3条 本会は、六斎念仏の保存継承を目的とし、目的達成に必要な事業を行う。

[役員]

第4条 本会の役員は、第1条に掲げる団体の長をもってこれにあてる。

2 会長、副会長、会計幹事及び監査役を役員のなかから互選によって選出する。

3 役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

[役員の任務]

第5条 役員は、役員会を組織し、第3条の事業実施に関し、必要な協議を行う。

2 会長は、本会を代表するとともに会務を執行する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代理する。

4 会計幹事は、会長の命を受け本会の会計事務を司る。

5 監査役は、会務を監査する。

[会計]

第6条 本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

2 本会の経費は、会費その他の収入をもってあてる。

[その他]

第7条 本会則の施行に関する必要な事項及び本会則の定めのない事項については、その都度、役員会で協議する。

 

[附則] 本会則は、昭和52年8月10日から施行する。

[附則] 本改正規程は、昭和54年11月20日から施行する。(昭和54年11月20日)

[附則] 本改正規程は、昭和57年11月11日から施行する。(昭和57年11月11日)

[附則] 本改正規程は、昭和62年12月4日から施行する。(昭和62年12月4日)

構成団体

・本項に掲載の情報は平成29年3月現在のものです。

梅津六斎保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   中谷 新一

【会員数】   25名

【一般公開】  8月最終日曜 梅宮大社にて嵯峨天皇祭奉納


円覚寺六斎念仏保存会

【六斎分類】 念仏六斎

【代表者】  (現在休会中)

【会員数】   -

【一般公開】  -


桂六斎念仏保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】  (現在休会中)

【会員数】   -

【一般公開】  -


上鳥羽橋上鉦講中

【六斎分類】 念仏六斎

【代表者】   熊田 茂男

【会員数】   30名

【一般公開】  8月22日 浄禅寺(鳥羽地蔵)にて六地蔵めぐり奉納

【公式HP】  http://audaisukitukaiyasu.wix.com/kamitoba-rokusai-jp


吉祥院六斎保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   木村 俊典

【会員数】   37名

【一般公開】  4月25日 吉祥院天満宮にて春季大祭奉納

          8月25日 吉祥院天満宮にて夏季大祭奉納


久世六斎保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   山口 章司

【会員数】   32名

【一般公開】  8月31日 蔵王堂光福寺にて八朔祭法楽会奉納


小山郷六斎保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   渡辺 良明

【会員数】   19名

【一般公開】  8月18日 上御霊神社にて例大祭奉納

          8月22日 上善寺(鞍馬口地蔵)にて六地蔵めぐり奉納


西方寺六斎念佛保存会

【六斎分類】 念仏六斎

【代表者】   川内 哲淳

【会員数】   17名

【一般公開】  8月16日 西方寺にて送り火奉納


西院六斎念仏保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   山口 良知

【会員数】   36名

【一般公開】  -


嵯峨野六斎念仏保存会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   北村 昌司

【会員数】   36名

【一般公開】  8月23日 阿弥陀寺(有栖川)にて地蔵盆奉納

          9月第1日曜 松尾大社にて八朔祭奉納

【公式HP】  http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ky-sagan


千本六斎会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   吹田 哲二郎

【会員数】   27名

【一般公開】  8月14日 千本えんま堂にて盂蘭盆奉納

【公式HP】  http://rokusai.jpn.org


京都 中堂寺六斎会

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   秋田 吉博

【会員数】   58名

【一般公開】  4月29日 伏見稲荷大社御旅所にて氏子祭宵宮奉納

          8月16日 壬生寺にて精霊送り奉納

【公式HP】  http://kyoto6931.com


壬生六斎念仏講中

【六斎分類】 芸能六斎

【代表者】   山根 正廣

【会員数】   40名

【一般公開】  4月上旬 山崎聖天にて花祭り奉納

          8月9日  壬生寺にて精霊迎え奉納

【公式HP】  http://miburokusai.cloud-line.com


六波羅蜜寺空也踊躍念仏保存会

【六斎分類】 念仏六斎

【代表者】   川崎 純性

【会員数】   -

【一般公開】  12月13日~30日 六波羅蜜寺にて踊躍念仏奉納

【公式HP】  http://www.rokuhara.or.jp